<流山市>緑豊かな街づくりを進める「都心から一番近い森のまち」

流山市は、千葉県北西部にあり、約18.5万人の人々が暮らしています。江戸時代は江戸川や利根運河を利用した舟運の拠点として栄え、明治維新後の一時期は「葛飾県庁」が置かれるほどの拠点となっていました。

地場産業、みりん

また、江戸時代中期には流山の造り酒屋が、きれいに澄んだみりんの醸造に成功しました。このみりんは『白みりん』として江戸を中心に好評を博し、みりんの醸造は流山の地場産業として発展しました。現在も、当時の伝統を受け継ぐ『マンジョウ本みりん』をつくる「流山キッコーマン」をはじめ、流山市内には数軒の醸造業者がみりんの製造を続けています。

「流山キッコーマン」
「流山キッコーマン」

交通網の発達で飛躍的な発展

流山市の交通アクセスは、長年、「流山」駅とJR常磐線の「馬橋」駅を結ぶ流鉄流山線と、市の南部を走るJR武蔵野線、市の北部を走る東武野田線(東武アーバンパークライン)が担っていました。しかし2005(平成17)年、つくばエクスプレスが開業すると、流山市から東京都心へダイレクトでアクセス可能になり利便性が飛躍的に向上します。流山市内には「南流山」駅、「流山セントラルパーク」駅、「流山おおたかの森」駅の3駅が開業し、これらの駅周辺では大規模な区画整理により住宅地の開発が行われるようになりました。

「流山おおたかの森」駅
「流山おおたかの森」駅

「流山おおたかの森」駅周辺がレジャースポットへ

とくに「流山おおたかの森」駅は、つくばエクスプレスと東武野田線(東武アーバンパークライン)の接続駅となったことから、ショッピング施設も多数誕生しました。「流山おおたかの森」駅前には、「タカシマヤフードメゾン」や「イトーヨーカドー食品館」など約130もの専門店が集まる大型ショッピングセンター「流山おおたかの森S・C」がオープン。シネマコンプレックスの「TOHOシネマズ」やフィットネスクラブの「セントラルウェルネスクラブ」も入り、買い物だけでなく映画やスポーツも楽しめる施設として好評です。

「流山おおたかの森S・C」
「流山おおたかの森S・C」

緑を生かした街づくり

一方、流山市では「都心から一番近い森のまち」をキャッチフレーズに、緑を生かした街づくりを進めていることも特徴です。「流山おおたかの森S・C」でも、グリーンチェーン認定施設として、建物内外の緑化など環境に配慮した施設になっています。さらに「流山おおたかの森」駅近くにある「市野谷の森」には貴重なオオタカが生息していることから、この森はそのまま保全した日本初の都市保全林「千葉県立市野谷の森公園」となる予定で、豊かな自然は未来へ受け継がれることになります。

「市野谷の森」
「市野谷の森」

東京都心に近い場所ながら、良好な自然環境にも恵まれた流山市は、利便性と快適性が両立した住宅地として、人気が急上昇しています。