<三郷市>武蔵野線・つくばエクスプレス開通で飛躍的に発展を遂げた街

三郷市は、埼玉県の東南端に位置する市で、東側は千葉県松戸市と、南側は東京都葛飾区と隣接しています。また、市の東を江戸川、西を中川に挟まれた平坦な地形に恵まれ、約14万人の人々が暮らしています。三郷市は東京都心からの距離が近いことから、古くから住宅地として発展してきました。三郷市の開発は鉄道の開通とともに進んできたことが特徴です。

交通の発展と住宅地の整備

1973(昭和48)年、国鉄(現・JR)武蔵野線が開通、三郷市内初の鉄道駅として「三郷」駅が開業しました。こうして交通利便性がよくなった「三郷」駅周辺では、日本住宅公団(現・UR都市機構)により「みさと団地」が開発されます。この団地は約1万戸、ピーク時の人口は2万3千人という大規模団地で、武蔵野線が開通した1973(昭和48)年から入居が始まりました。武蔵野線の「三郷」駅は、「みさと団地」の東側にあり、団地へのアクセスはバスに頼っていましたが、1985(昭和60)年に「新三郷」駅が開業し、今では徒歩でもアクセスできます。

「三郷」駅
「三郷」駅

 

「新三郷」駅開業でさらに発展

「新三郷」駅の開業などさらなる交通アクセスの利便性向上を受け、「みさと団地」の南側でも大規模住宅「さつき平団地」の開発が行われました。この団地は1988(昭和63)年から分譲がはじまり、最終的には17棟のマンション群からなる、ピーク時人口9,000人の団地となりました。

 

「新三郷」駅
「新三郷」駅

新しい街の歴史

武蔵野線の「新三郷」駅付近には貨車の操車場が設けられていましたが、輸送体系の変化により使われなくなっていました。そこで、この跡地を再開発するプロジェクトが2007(平成19)年から始まります。2008(平成20)年には地名も「新三郷ららシティ」に改められ、新たな街の歴史が始まりました。「新三郷ららシティ」には住宅地のほか、大規模なショッピング施設が誕生したことも特徴です。「新三郷」駅前に建つ「ららぽーと新三郷」をはじめ、「IKEA新三郷」や「コストコホールセール 新三郷倉庫店」などが集まり、近隣エリアからの買い物客も集まる一大ショッピングセンターエリアとなりました。

「ららぽーと新三郷」
「ららぽーと新三郷」

つくばエクスプレス開業で広がりゆく街

一方、三郷市の南部は2005(平成17)年のつくばエクスプレス開通をきっかけに、急速に発展を遂げました。つくばエクスプレス沿線では、鉄道の建設と宅地開発を同時に行う形で区画整理が行われ、「三郷中央」駅周辺でも、ショッピングセンターや住宅地が誕生しています。「三郷中央」駅周辺の開発は現在も引き続き行われ、2012(平成24)年に「ホームズ 三郷中央店」や「ヤオコー 三郷中央店」が開店、2014(平成26)年1月に「ドラッグストア マツモトキヨシ 三郷中央駅前店」がオープンするなど、ショッピング施設がさらに充実してきました。今も発展を続ける三郷市の将来の姿が楽しみです。