上尾市のエリア概要コラム

<上尾市>新たな都市インフラが続々完成し、さらに便利になる生活環境

上尾市は、埼玉県中部にある人口約22.8万人の市です。江戸時代には中山道の宿場町として発展しました。

中山道の拠点、かつ、荒川の水運の拠点として発展

江戸を朝に出発した旅人は、上尾付近で最初の宿を探すことになり、「上尾宿」は大いににぎわいました。当時の上尾宿は、現在の仲町付近に広がり、比較的小さな宿場ながら、本陣の規模は中山道中有数の大きさだったといわれています。当時の宿場付近には現在も案内板が設置され、当時の歴史を感じることができます。一方、江戸時代は水運も盛んで、上尾市西部の荒川沿いにある平方(ひらかた)は水運の拠点として、上尾宿周辺よりも多くの人口を抱えていました。

鉄道開業により発達した「上尾」駅周辺

1883(明治16)年に日本鉄道(現・JR高崎線)が開通するとともに、「上尾」駅が開業しました。当時はまだ「大宮」駅がなく、「浦和」駅の次が「上尾」駅になっていたことからも、上尾の重要性がうかがえます。鉄道の開通に伴って「上尾」駅周辺の発達が進むとともに、平方の船着場は衰退し、現在のように「上尾」駅周辺が上尾の中心地として機能するようになりました。

「上尾」駅
「上尾」駅

埼玉県有数のベッドタウン

第二次大戦後は交通の利便性からベッドタウンとして発展を遂げました。なかでも「上尾」駅の西側に誕生した「西上尾第一団地」や「西上尾第二団地」は埼玉県内有数の大規模団地です。上尾市の東部にも「原市団地」や「尾山台団地」が完成し、上尾市の人口は急増しました。1988(昭和63)年には「北上尾」駅も開業し、その後の土地区画整理やショッピング施設の進出により、上尾市の新たな拠点として成長しました。

埼玉県上尾市コラム
埼玉県上尾市コラム

インフラの再整備で賑わう「上尾」駅周辺

「上尾」駅周辺で時代の変化に合わせた都市インフラの再整備も次々に行われました。2011(平成23)年には「上尾駅改修・周辺整備事業」が完了し、駅のバリアフリー化が行われるとともに、エキナカショッピング施設の「E’site上尾」が開業、上尾エリアの買い物事情はさらに向上しました。2013(平成25)年には「上尾」駅の東口に再開発ビル「A-GEOタウン」が完成。「上尾」駅西口側でも「イトーヨーカドー 上尾駅前店」の隣に「ショーサンプラザ」が誕生し、天然温泉を備えたスポーツ施設「フィットネス&スパ ゼクシス上尾」がオープンしました。

「上尾」駅改札
「上尾」駅改札

なお進化し続ける街

一方、市の西部には、2013(平成25)年に「イトーヨーカドー アリオ上尾店」のほか多くの専門店が集まる大型ショッピングセンター「アリオ上尾」が開業、自動車でもいっそう利用しやすくなりました。また、2019(平成31)年には「上尾」駅の南東に「(仮称)イオンモール上尾」も建設予定で、上尾市は今後さらなる発展を遂げることでしょう。

アリオ上尾
アリオ上尾